2004年10月19日

ドラマ「たったひとつのたからもの」

10/26(火)に日テレ系で「たったひとつのたからもの」というドラマが放送されます。

このドラマの原作は明治生命の写真コンテストに入賞し、CMや同タイトルの本になりました。
みなさん、見たことがあると思います。
小田和正さんの唄をバックに写真で綴られたあのCMを・・・

ワカラナイ、忘れてしまった方はコチラをどうぞ。
「たったひとつのたからもの」篇(90秒):2001年度放送
「たったひとつのたからもの」篇(60秒):2003年度放送重度のダウン症と診断された秋雪くん。
ダウン症とは染色体異常の疾患です。(詳しくは「ダウン症とは」に書かれています。)
秋雪くんの場合はダウン症と心臓の合併症で余命1年と言われていました。
でも秋雪くんは6年余りを精一杯生きました。
この本は秋雪くんの母親の記録です。





今回のドラマは、秋雪くんの母親として松田聖子さんを起用。
聖子ちゃん出演のドラマは1993年TBSで放送された、「わたしってブスだったの?」以来になります。

聖子ちゃんは、これがドラマなのか現実なのかわからなくなったほど、役にのめり込んだらしいです。
今朝のズームイン!!SUPERで撮影現場の模様が放送されていたのですが、必死に歩いてきた秋雪くんが父親に抱かれるシーンで、秋雪くん役の子供が聖子ちゃんに花を渡すのです。
これは台本になかったもので、秋雪くん役の子供(実際のダウン症の子供)が、多分聖子ちゃんにあげたかったから道から取ってきたのでしょう。
それを受け取った聖子ちゃんはボロボロ泣いていて・・・
それを観ていた私まで泣きそうになりました。(^^;



そんな聖子ちゃんの演技も見ものなのですが、それよりも精一杯短い生涯を生きた秋雪くんを通じて、「いのちの大切さ」、「しあわせとは何か」を考えられたらいいなと思います。

ドラマの回し者じゃないですけど、犯罪の低年齢化が見られる今日この頃。親子が一緒に見るドラマとしては最適なんじゃないかなぁと思うのです。



ドラマ「たったひとつのたからもの」主演(日本テレビ系=26日後9.00) 松田 聖子(まつだ せいこ)


posted by さと at 16:11 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(3) | TV・映画・音楽・ゲーム | Edit


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。