2005年06月15日

新緑の富良野へ−「森の時計」編−

新緑の富良野へ−ニングルテラス編−の続きです。



森の時計外観森の時計入り口看板


「森の時計」はニングルテラスの奥にあります。
パッと見ると…普通の家に見えます(笑)
私はドラマ「優しい時間」を見ていなかったので分からないのですが、ドラマでもこんな外観なのですか?

森の時計天井の採光中に入ってビックリしました…(;´∀`)
平日だというのに、席待ちの人でいっぱいなんだもの!
平日でコレだったら土日はいったいどのぐらい待たされるんだろう…(;・∀・)

写真は天井の窓です。
たくさんの光が入るように設計されています。


森の時計店内ドラマのように自分でミルを使って豆を挽き、コーヒーを入れてもらえます。
でも、これはカウンターに座らないとダメなんだって!
なので、カウンターが空くまでじっと我慢…だって、これをするために来たんだモン!!

写真はテーブル席側。
手前に見えるのはストーブです。とてもお洒落!
カウンター側も写真を撮ったのですが、逆光でうまく写らなかったので非公開…(;´∀`)
所詮、携帯電話のバカちょんカメラです…orz


森の時計ミルこのミルで豆を挽きます!
私たちは15分〜20分ほど待って、カウンター席に座ることが出来ました♪(思ったより早かった!)

木目の土台が自然を感じて、とても素敵なミルです♪
ちなみに、このミルはニングルテラス内の「森のドラマ館」で購入できます。
でもね、売れ行きが良くて品切れ状態。予約しないと買えないのです。


森の時計お水そうそう!「森のドラマ館」では、ドラマ「北の国から」グッツも売ってましたよ!
五郎帽子や中ちゃん帽子、五郎のドカジャンまで売ってました!(笑)
ちゃーんと”黒板”っていうネーム刺繍入り。
五郎のマネが好きな友だちに是非コスプレしてもらいたいわ。( ゚艸゚ )プッ!!


森の時計コーヒーとケーキ森の時計ケーキ初雪

コーヒーを注文すると、ミルと一人分のコーヒー豆が出てきました。
ミルに豆を入れてゴリゴリ…
ミルを使ったのは、何年ぶりだろ〜!なんか豆を挽く動きがぎこちなかったのか、そんな私の姿を見て友だちが笑ってました…|i|il _| ̄|○ i|l|i

ケーキは「初雪」、「根雪」、「雪溶」の3種類あります。
それぞれが名前のイメージ通りのケーキです。
私のは「初雪」。ガトーショコラにココアムース。そして雪を連想させるパウダーが表面にのっています。
「根雪」は真っ白なケーキ。「雪溶」はマーブルな感じのケーキでした。 ←全部私が食べたワケじゃないよw
コーヒーもケーキも美味しかった!

ただ、並んでいる人が多いので、あまりゆっくり出来なかったのが残念。
自然の中でコーヒーの香りに包まれながら、ゆっくりと優しい時間を過ごせたら最高なんですけどね。

また機会があれば行ってみたいと思う喫茶店です。




新緑の富良野へ−黒板五郎の家「石の家」編−へ続く…
posted by さと at 23:58 | Comment(4) | TrackBack(0) | ドライブ | Edit


この記事へのコメント
コーヒー好きの僕にとっては、行きたいとこですな〜
自分で豆を挽くのがいい!まだ、やったことないんだよね〜
尾道から日帰りで行くんは無理あるかぁ。やっぱ(^^;)
Posted by こーじ at 2005年06月17日 12:03
◆こーじさん
日帰りは無理かと…(;´∀`)
まぁ、「森の時計」ONLYとすれば行けるのかな?
Posted by さと at 2005年06月17日 13:30
あ、やっぱり(^^;)
そこって一通り観て回ったらどのくらいの時間が掛かるの?
まぁ北海道に行くときは一週間くらい滞在したいねw
Posted by こーじ at 2005年06月17日 15:47
◆こーじさん
ニングルテラスだけならお茶を飲んだとして2時間もあれば充分だと思います。
ただ富良野はたくさん見るところがあるからね〜
私は北の国からのスポットを全部制覇したいのです!
夏の間にもう一度行ってこようっと♪
Posted by さと at 2005年06月18日 00:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。